世界のパンと暮らしと旅と

パン屋さんをしている私のパン食べ歩きと、行く先々の旅の記録です。パン屋巡りだけでなく、風土や建物、暮らし、いろいろな食べ物、違う場所でどんな人たちがどんな風に暮らしているのかも楽しみながら旅しています。

世界のパンと暮らしと旅と イメージ画像

2016年11月

フライトの時間が微妙で、機内食も当分なさそうだなと、軽く食べてから乗ることに。なんとなく美味しそうで気になっていた「GOODMAN&FILIPPO(グッドマン&フィリッポ)」アヒージョみたいなのにバケット付いたのとサーモンバーガーオイルが美味しくてパンがもっと欲しい(笑
『ドイツ最後の食事は空港内のGOODMAN&FILIPPO』の画像

今年のドイツ旅行最後のベーカリーはデュッセルドルフ国際空港の中にある「Bäckerei Terbuyken(ベーカリー テルバイケン)」チェックインする前にあるベーカリーなので誰でも寄ることができます。空港だというのに、食事パンを含め本当に大量のパンが並んでいます。おうち
『Bäckerei Terbuyken(ベーカリー テルバイケン)』の画像

歩き疲れたので、ショーケースをみて気になっていたケーキを食べに「Café u. Bäcker St. Goar」というカフェに。大きくカットしたケーキを横倒しにして、フォークをぶちさしてサーブ(笑)テラス席だと、これが一番安全かも。。ラズベリーたっぷりのムースとスポンジとジュ
『Café u. Bäcker St. Goarでスイーツタイム』の画像

小さな街は小さな商店街にちょっとしたカフェ、レストラン、お土産物屋さんがひっそりと。端から端まで歩いても30分もあれば回れてしまいそうな小さな商店街。でも、どのお店もかわいい。昔からある田舎の観光地、というちょっと鄙びた感じなんだけど日本のそれとはまた全く
『St.goarの街とライン川沿いの古城』の画像

ライン川や素敵な街並み、教会を眺めながら涼しい木陰でランチ。「Hotel & Restaurant zur Loreley」というホテルの外のテラス席のレストラン。バジルクリームのパスタ。バジル、クリームときたら娘が飛びつきます。ピザトーストみたいなの。ハム、チーズ、なぜかチェリー。
『ランチはHotel & Restaurant zur Loreley』の画像

週末、日曜日には日本に帰るということで金曜日に有給を取ってくれた夫が日帰りで最後のお出かけに連れて行ってくれました。デュッセルドルフから車で約2時間、ライン河沿の古城の多い小さな町「St Goar(ザンクトゴアール)」の小さな鉄道の駅。古い石造の駅はとてもムード
『ザンクト・ゴアールへ』の画像

「Carlsplatz(カールシュプラッツ)」の中にもいくつかのベーカリーがあります。小さな市場の中にいくつかのベーカリーって、やっぱりパン屋さんの数多いですよね。日本だと大きなショッピングモールでも数件しか入ってないですものね。市場の簡単な作りのお店ですがどこも
『Carlsplatz(カールシュプラッツ)のベーカリー』の画像

夫の家から歩いて30分くらいのところに「Carlsplatz(カールシュプラッツ)」という常設市場があります。去年も何度もきたけれど、やっぱり市場は楽しくて大好き。スーパーにも面白いものはたくさんあるけれど市場の雰囲気はまた格別。お野菜も日本では見たことないカラフル
『お気に入りの市場Carlsplatz』の画像

デュッセルドルフのパン屋さんといえばとても有名なのがこの「HINKEL(ヒンケル)」ここもいろんな賞を受賞しているパン屋さんです。昨年来たときは、ちょうどバカンス中で約20日の滞在中一度も開いていなかったので今年は絶対行くぞ!!と、楽しみにしていました。表のショ
『HINKEL(ヒンケル)』の画像

デュッセルドルフに戻ってきました。夫の仕事の都合上、今年はこちらに来てすぐに旅行に出かけたので、こちらの生活を満喫していませんでしたが今日から夫はお仕事。私たちはここであと少し過ごします。久々に街を散策してみようと、朝からてくてく。このあたりは住宅街です
『デュッセルドルフの朝散歩』の画像

↑このページのトップヘ