世界のパンと暮らしと旅と

パン屋さんをしている私のパン食べ歩きと、行く先々の旅の記録です。パン屋巡りだけでなく、風土や建物、暮らし、いろいろな食べ物、違う場所でどんな人たちがどんな風に暮らしているのかも楽しみながら旅しています。

世界のパンと暮らしと旅と イメージ画像

2019年12月

3日めの朝はちょっと早めの出発で「イルカ&ウミガメウォッチング シュノーケリングもできる!」というツアーに申し込みました。レオパレスリゾートからは朝一番のバスで集合場所のグアムプラザホテルへ。ここで思いがけないトラブル発生。迎えに来ているはずの人と会えなく
『3日目の朝はイルカウォッチング』の画像

海のサンセットもとっても綺麗。いい時間に来れました。この日の夕食はフィッシュアイ展望台で海中に深くおりた建物の中から海の中を見学した後道路を挟んだ向かい側のセンターでビュッフェスタイルの食事を楽しみながらショーを観るというもの。アイランドカルチャーディナ
『Fisheye visitors center and observatory』の画像

午後からはテクテクとお散歩しながらグアムらしい風景を満喫。GUAMのロゴがかわいいイーパオ・ビーチは絶好のフォトスポット。最近あちこちのインスタでよく見かけるこのピンクの「タモントレードセンター」もとりあえず押さえて。これ自体何ということはなかったのだけどど
『フォトジェニック散歩』の画像

ガイドブックで見て娘が行きたいと言っていたアイスクリーム屋さん「Snow Monster」へ。カラフルなコーンや、色とりどりのアイスクリームに多彩なトッピングでインスタ映えすると話題になっているようなのだけどランチのあとでお腹がいっぱいだったのでこれも押さえておきた
『Snow Monster』の画像

2日目は朝はゆっくりホテルで過ごしてプールで泳いだりして楽しみ、午後から街へ。ランチは「California Pizza Kitchen Guam」へ。女3人、うち一人は小学生、一人は老人(笑)なのでピッツア1枚とパスタ一皿で十分。なんせアメリカンサイズですもん。おおらかな南国テイス
『California Pizza Kitchen Guamとツリー』の画像

グアム最初の食事は「ビーチンシュプリンプ 1号店」疲れた体に鞭打ってやってきました(笑)5日しかないもんね、そのうち貴重な1日目。一度の食事も疎かにしたくないもんね。頑張って来て正解!観光地だけあって物価が高めのグアムですが、比較的手頃なお値段でおいしかった
『ビーチンシュプリンプ 1号店』の画像

空港から30分ちょいでレオパレスリゾートグアムに到着。今回は無料で泊まれるチケットがある、ということで決行した旅行。なのでホテルの選択肢はここしかありませんでした。無料宿泊もできたのだけど、3名で連泊ということもあってグレードアップしてコンドミニアムタイプの
『レオパレスリゾートグアム』の画像

暑い季節は涼しいところに、寒い季節は暖かいところに行きたいというもの(笑)今年の年末はグアムに行くことに。レオパレスの株主優待の特典にレオパレスリゾートグアムに無料宿泊できるというのがあって我が家には2名1室分のチケットが4枚あったので4泊5日で母と娘と私
『年末の休暇はグアムへ』の画像

今回もたくさんのお土産と一緒に帰ってきました。まずは私の大好きなお塩3種。岩塩、ワインソルト、ピリピリ(辛い塩)それから辛いもの好きの母のためにホットペッパーソース、かわいい陶器のポットに入った蜂蜜と、ハニーナッツ(ナッツの蜂蜜漬け)それからアルコール。
『ポルトガルのお土産は』の画像

マリーニャの街の海岸沿いにあるレストラン「Restaurante Furnas do Guincho」おしゃれなレストランは少しお高めで眺望もとても良いところです。海辺の街はやっぱりシーフードがおすすめ。イカを豪快にソテーしたものやシーフードたっぷりの大量のリゾット。一体何人分?!取
『Restaurante Furnas do Guincho』の画像

カシュカイシュの街にあるレストラン「Reserva da Villa」で軽めのディナー。夜の街は本当に美しくて、そぞろあるきにぴったり。ヨーロッパの夏はあまりに暮れるのが遅く、夜景を見るのも一苦労でしたが冬は早く暗くなるので夜景を見るのにはいいですね。お魚のフリットにソ
『Reserva da Villaで軽めの夕食と』の画像

ポルトの締めはワイナリー「Sandeman」先ほどランチを食べたレストランからほど近い場所にあります。ポルトはポートワインが有名ですが、ポートワインはもちろん、その他のさまざまなワインも作られていてたくさんの人が見学に訪れていました。地下にはたくさんの樽が並んで
『ワイナリー、Sandeman』の画像

↑このページのトップヘ