世界のパンと暮らしと旅と

パン屋さんをしている私のパン食べ歩きと、行く先々の旅の記録です。パン屋巡りだけでなく、風土や建物、暮らし、いろいろな食べ物、違う場所でどんな人たちがどんな風に暮らしているのかも楽しみながら旅しています。

世界のパンと暮らしと旅と イメージ画像

フランス

ルーアンからイギリスへ向かいます。車でドーバー海峡を渡るので、まずフランスのカレーに行きます。ドーバーを車でイギリスに渡るには二つ。一つはフェリーで海を渡るか、もう一つは列車で海底トンネル(ユーロトンネル)を通るか、です。もちろん、列車の方が断然早いので
『ユーロトンネル』の画像

ルーアンではジャンヌダルク教会のすぐそばのLes Maraîchersと言うフレンチレストランで夕食をいただきました。お腹が空いたと5時すぎから訴える娘とあちこち探して歩きましたが、どこのレストランも7時にならないと開かず、カフェ営業をしているお店も、フードメニューはこ
『Les Maraîchersでディナー』の画像

ルーアンにはパン屋さんやお菓子やさんがたくさんありました。フランスなのでブーランジェリーとパティスリーでしょうか。 目抜き通りに面したところにもあちこちにおいしそうなショーケースが並んでいて、みんな食べ歩きをしています。 フランスのサンドは日本のような食
『ルーアンのベーカリーと』の画像

大聖堂が有名なルーアンへ。クラシカルな大聖堂は本当に壮大で、カメラに収めるのに必死。広場があまり大きくないので、あまり後ろに下がれないのです。壮大で美しいこの大聖堂はモネの作品でも有名ですね。美しい木組みの建物が立ち並ぶことでも有名で、目抜通りは素敵な建
『ルーアン』の画像

8月11日モンサンミッシェルからルーアンに向かう途中、ブーヴロンアンオージュという小さな村に寄りました。端から端まで歩いても30分で終わってしまうくらいの小さな村ですが、この小さな村が丸ごと、どこを切り取ってもキュート!本当に可愛くて、絵になる村なのです。あま
『ブー・ヴロン・アン・オージュ』の画像

ホテルの方の「朝早く行ったほうがいい、すぐに観光客の団体が押し寄せてゆっくり見れなくなるから」というアドバイスの通り、朝一番に出かけました。すでにたくさんの人がいますが、まだ少ない方。島内のメインストリート、入ってすぐに 有名なオムレツ屋さんがあります。世
『モンサンミッシェル2』の画像

夕食はホテルでおすすめしてもらったレストランの中から近くてシーフードもいただけるお店をチョイス。ヨーロッパはとかく肉料理が多いので、シーフードがあるところではやっぱり頼んでしまいます。いろいろ頼んで、シェアしていただきます。まずはやっぱりモンサンミッシェ
『La Fermetteでディナー』の画像

モンサンミッシェルではすごく素敵なホテルに泊まりました。ホテルと名前が付いていますが、コテージです。母屋の方ににも宿泊するところがあるのかな?でも、私たちが泊まったのは、コテージ。母屋の入り口もなんとも素敵。パープルの窓枠、ミントグリーンとピンクの椅子に
『ホテルローズ』の画像

パリから一路モンサンミッシェルへ。車で約4時間。どうしても行きたかった場所の一つがここ、モンサンミッシェル。一生に一度は訪れたいと思っていた憧れの地です。やっぱり行ってよかった〜〜。本当に素晴らしい景色です。夜の景色も見たかったので、一泊。もちろん、外から
『モンサンミッシェル』の画像

View this post on InstagramA post shared by La Pain joujou/ラパンジュジュ (@joujoulapain)やっぱりパリと言えばエッフェル塔。来たからには見ないとね、と、車窓観光(笑)もともとパリにはパン屋を見るためだけに寄ったので、あまりスケジュール的に時間がなかったし
『エッフェル搭と』の画像

朝ごはんを食べたら早速近所をてくてくお散歩。チェックアウトは11時なので、それまでモンマルトルをそぞろ歩きます。路地を歩くだけでも素敵な風景にたくさん出会えます。9時を回る頃には観光客もいっぱい!さすがにどこを歩いても素敵でお洒落で、やっぱりパリね〜、と気分
『モンマルトルそぞろ歩き』の画像

パリのパン屋さんは朝7時頃から開いているところが多く、私たちも朝ごはんを買いに出かけました。早朝の街は静かですが、パン屋さんはすでに何人かのお客さんで賑わっています。幾つかを数件で購入し、みんなで食べ比べ。パリのパン屋さんはやっぱりデニッシュ系のパンや、ブ
『パリの早朝散歩とパン屋さんの夏休み』の画像

↑このページのトップヘ